キリスト教とは…


●教会とは…

キリスト教会には、大きく分けて、ローマ・カトリック教会とプロテスタント諸教会があります。ここではおもに、プロテスタントの始めの教会、ルーテル教会について説明します。


●ルーテル教会とは…

●ルーテル教会は、プロテスタント教会に属します。

マルティン・ルターという人の名前、また宗教改革という言葉をお聞きになったことがおありかと思います。彼は16世紀の始めに、当時の教会が正しい福音
信仰に立ち戻ることを聖書に基づいて訴えました。その基本は「聖書のみ、恵みのみ、信仰のみ」という宗教改革のいわゆる三大原理です。お金とか見せかけの
努力ではなく、神様の恵み、イエス・キリストの十字架と復活によってのみ、人は救われるというものでした。その声は、ドイツをはじめ全ヨーロッパに伝わりました。しかし当時のローマ・カトリック教会の大勢はこれを斥け、「ルターの仲間」と呼ばれ始めたこのグループは、「ルーテル教会」と呼ばれるようになったのです。

その後、この宗教改革運動に続いて各地で新しいグループが生まれ、多くのプロテスタント教会が出来ていったのです。

「ルターが暮らした街 アイゼナハ」の写真はこちらです。


●世界に広がるキリスト教会です

ルーテル教会は、ドイツから北欧、アメリカへと広がり、そこからアジア、アフリカ、ラテンアメリカなど、全世界に広がりをもっています。


●バッハの教会です

ヨハン・セバスチャン・バッハはルーテル教会の生んだ偉大な音楽家です。ルターは、会衆の歌える賛美歌を次々に作りました。バッハはその伝統の中でその会衆讃美歌を生かし、彼の教会音楽の中心に据えたのです。


●福祉や教育の教会です

世界ルーテル連盟(LWF)などの組織を通じて、アフリカなどの難民や、アジアの女性自立・地位向上の援助などをしています。また、日本でもいくつかの老人ホームや、保育園ほか諸施設を通して地域の福祉に貢献しています。教育分野では幼稚園を全国各地に持ち、中学・高校・大学を通しても教育に貢献しています。大学では、東京都三鷹にあるルーテル学院大学が神学科と、社会福祉学科を持ち、多くの教会や社会での奉仕者を生み出しています。



聖書とは…

聖書とは…

●旧約聖書と新約聖書

聖書は、旧約聖書と新約聖書からなります。これらは、翻訳が違うのではなくて、古い契約(旧約)と新しい契約(新約)ということで、神様と人間との間の「契約」を指します。
旧約聖書は、天地創造の出来事や、アダムとエバのエデンの園のお話し、ノアの箱船などの物語りから始まります。また、モーセの十戒のように神様から頂いた戒め(律法)も記されています。
新約聖書は、イエス・キリストの誕生物語から、イエス・キリストのお話し、奇跡、その生涯、十字架上の死、復活、などの出来事が記されています。またその後の教会の成立、信仰指導の書簡、そして預言で終わっています。

●信仰の手引書

聖書には人間として守るべき事、律法が示されています。また、人間には罪(不完全さ)があり、自分の努力だけでは完全ではない。そのためにイエス・キリストが
示された福音が与えられています。イエス・キリストのお話しに静かに耳を傾け、その十字架上でも人を愛し続けた本当の愛に触れ、私たちは新しい生き方を示されます。毎日曜日、神様を讃美し、聖書に学ぶ礼拝のひとときをもっています。また、その生き方に基づき、社会福祉、奉仕、教育などを進めています。

●新共同訳聖書

最近では、超教派(エキュメニカル)運動といわれ教会はカトリックもプロテスタントも一つになって世界の平和や自由のために協力しています。聖書も、「新共同訳」という共通の聖書が読まれています。


教会も面白い…

●教会は、敷居が高いですか?

神社やお寺の境内に気軽にはいるように、教会にも皆さんが来て下さるのをお待ちしているのです。

何か資格がある人とか、立派な人が集まるところではありません。 小さなこどもから、若い世代、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんも来られます。

世間のように気を使ったり、背伸びしなくていい、本当の自分の出せるところ、また見つけられる所です。

しばらくはこの、電脳都市の中のこの「教会」をお楽しみ下さい。いくつかの楽しいリンクも増やしていく予定です。ご意見や、ご感想もお寄せ下さい。

そして、その次は、お近くの教会に勇気を出していって見ませんか?首都圏の方は、大森教会にもおいで下さい。お待ちしています。